やけど 周り 腫れる 抑える

やけどした周りが腫れる!抑える方法

スポンサーリンク

今回は、やけどした周りが腫れる!抑える方法についてご紹介します。

 

まずやけどというものは、一度はみな経験することでもありますが、人それぞれ程度が違うのです。
水ぶくれになる人もいれば、赤くなったて腫れるだけの人もいます。
比較的に水ぶくれのほうが、重症度は高いと言えます。
やけどしたところが、表面だけではなく皮膚の中までいくことにより、水ぶくれが起きるのです、反対に赤くなったり腫れたりするのは比較的にやけどレベルは低く、皮膚の表面だけでやけどが済んだ場合になることが多いのです。

 

腫れる症状というのは、だいたいやけどをしてすぐにではなく、時間がたってから出てくる症状なのですが、やけどした周りが腫れることを抑える方法として、ご説明していきます。

 

・まずはじっくり冷やすことが重要です。
時間がたってもう大丈夫だろうとおもっていても、目で見える部分はわからないのですが、皮膚の中ではやけどの熱は隠れていてやけどを悪化させる原因になるのです。
なので、毎回毎回冷やすことは重要になります。

スポンサーリンク

・軟膏なども効果的
軟膏には炎症を抑えることができる効果もあります。それはステロイド成分というものが炎症などを抑える効果が抜群にあるのです。
だいたいやけどをして病院にいくと処方される一般的な薬とも言えます。
もしあなたが、病院などにいく時間がない!っていう場合は、ドラックストアなどでも簡単に手に入るので時間がない人はおすすめです。

 

もしドラックストアなどで買う場合ですが、症状があまりにもひどい場合は、ステロイド成分が強めのもの(strong)
を使うことをおすすめします。

 

まとめ〜やけどした周りが腫れる!抑える方法〜

 

・やけどの熱は、表面から内部まで熱を持つので、表面だけ冷やしても意味がないのです。

 

・もしも腫れる症状などが治らない場合は、ステロイド成分が強めなものを使うといいでしょう。

スポンサーリンク