やけど 水ぶくれ いつ

やけどの水ぶくれはいつできるのか?

スポンサーリンク

今回は、やけどの水ぶくれはいつできるのか?についてご紹介します。

 

もしやけどをしてしまったときに、心配になるのは後に残るのかどうか?
それは実は神のみぞ知るのです。
いいえそんなことありません。しっかり対処することで跡にも残らないようにすることができるのです。
もしあなたもやけどをしたときに、すぐには水ぶくれにはならない場合が多いですがいつ水ぶくれの症状がでるのか?についてご説明します。

 

水ぶくれの症状の多くは、やけどをした次の日などにでることが多いです。
ひりひりして痛むときは結構水ぶくれになります。
中には2〜3日後に水ぶくれの症状が出る人がいますが、前触れとしてやけどした部分がフニャフニャしてくるのですぐわかります。

スポンサーリンク

小さい子供で皮膚が柔らかい場合ですと、やけどをした1、2時間後には水ぶくれになっていることは多々あります。
やはり、水ぶくれになる前に十分に冷やすことが重要です。
水ぶくれは、皮膚の奥深いところが傷ついたため膨れあがるので、氷水などでできるだけ冷やすことをしたほうがいいでしょう。結果として水ぶくれにならないこともあるのです。

 

もう一つの対策として、ステロイド成分が強い軟膏などを、水ぶくれが膨れるまえに塗ることで膨れなくなりしかもやけどの跡が残らないようにすることだってできるのです。

 

まとめ〜やけどの水ぶくれはいつできるのか?〜

 

・水ぶくれは、対処により跡に残らないようにすることができる。

 

・皮膚が柔らかいと、水ぶくれになるのが早い傾向があるのです。

スポンサーリンク