やけど 水ぶくれ どれくらい で 治る

やけどの水ぶくれはどれくらいで治る?

スポンサーリンク

今回は、やけどの水ぶくれはどれくらいで治る?についてご紹介します。

 

やけどなどで、様々な症状があるのですが時には赤くなったり、時には腫れたり、水ぶくれになったりとかなりいろいろな症状がでます。
水ぶくれなどがでると、潰した方が治りが早いのか?それとも潰さないほうがいいのか?疑問に思うことがあるのですが実際にやけどの水ぶくれはどのくらいで治るか?についてご説明していきます。

 

まずやけどの程度によって治る時間は変わってくるのですが、U度火傷は主に水ぶくれなどの症状がでるのですが、この中にも軽い症状と重い症状の2種類にわけられますが、軽いほう症状ですと2週間以内には治ります。
重いほうの症状ですと1〜2か月程度かかるのです。
これはどちらも水ぶくれでも重度と軽度の場合があるということなのです。

 

水ぶくれをつぶさないほうがいいのか?
結論からいいますと、水ぶくれはつぶさないほうが早く治ります。

スポンサーリンク

水ぶくれの中に入っている液体は傷を治す作用がある液体なので、外に出さないで閉じ込めていたほうがいいのです。
でも、それでも破れてしまうときはありますので、その場合心配なのは、細菌などに感染することがあるのです。
破れた場合は、軟膏などを塗ったガーゼで覆うことがいいのですが、このときに指などでガーゼに塗ると細菌が付く場合があるのでチューブから直でガーゼに塗るようにしましょう。

 

もしかなり重度のやけどおったときは、水ぶくれなどもできないのです。
傷跡も高確率で残りますし、症状が悪化することで痛みがなくなっていくという不思議な現象が起こります。
これはやけどが重度すぎて、痛みを感じる器官も壊れているということなのです。

 

まとめ〜やけどの水ぶくれはどれくらいで治る?〜

 

・水ぶくれは潰さないほうが早く治る。

 

・水ぶくれが潰れてしまった場合は、細菌の感染の可能性があるので注意することが大切です。

スポンサーリンク