やけど 水ぶくれ 化膿 治療

やけどの水ぶくれが化膿した時の治療方法とは?

スポンサーリンク

今回は、やけどの水ぶくれが化膿した時の治療方法とは?についてご紹介します。

 

やけどの種類はたくさんあります。
赤くなるときもあれば、腫れることもあります。中には水ぶくれになったり、白くなる人いる!

 

本当に種類は様々なのですが、 中には化膿する症状もでるので、やけどの水ぶくれが化膿した時の治療方法などご説明します。
化膿というのは、傷に細菌が感染している状況なので、放置すれば感染は進んでいきます。よくやけどしたところだけでなく、その周りも熱をもつことがありますが、炎症が広がっているということなのです。
化膿すると、やけどした時と痛みが違うので独特の痛みに悩まされるかと思います。
すこし匂いもでるのでわかるでしょう。

スポンサーリンク

まず治療方法として、空気などには触れさせないほうがいいです!
やけどの水ぶくれが潰れたあとが化膿しやすい状況なんですが、水ぶくれの中の液体が潰れることによりなくなりやけどで痛んだ傷口は守るものを失い感染して化膿などになることがあるのです。

 

なので、湿潤療法が効果的なので傷などにはワセリンや軟膏などを塗り、ラップを巻いたり絆創膏などをはり空気から遮断することが重要です。
化膿とは危ないサインでもあるので、専門の医師に見せることが1番いいです。

 

応急処置として、間違えた方向にいくと大切な体に傷跡を残す場合があるので、是非参考にしてください!

 

まとめ〜やけどの水ぶくれが化膿した時の治療方法とは〜

 

・化膿とやけどの痛みはすこし違うので、独特の痛みに悩まされるでしょう。

 

・化膿は空気に触れさせないことが大切なのです。

スポンサーリンク