やけど 治療 湿布

やけどを治療に湿布は効果的なのか?

スポンサーリンク

今回は、やけどを治療に湿布は効果的なのか?についてご紹介します。

 

生活の中で、やけどをする危険というのはよくあることです。
食事中や料理中や海などにいったときなども、やけどの危険はいっぱいなのです。
やけどはしないことが一番いいのですが、もしもやけどしたら一番大切なのは、対処なのです。
重症度によって治療の仕方も変わってくるのです。
やけどをしたら冷やせと聞いたことある人は多いと思いますが、冷やすことは重要ですが湿布などで冷やす場合でもいいのかについてご説明していきます。

 

よくやけどをしたら冷やせという人がいるのだが、どんな効果があるのか?
やけどというのは表面だけのやけどの時と皮下組織まで到達しているやけどなど様々なのですが、冷やさないことにより内部まで入ってきた熱が冷めないことで、水ぶくれやもっとやけどの症状を悪化させるのです。

スポンサーリンク

やはり内部まで冷やすとなると、10分だけでは短く最低30分ぐらい冷やさないと内部までしっかりと冷えないのです。

 

湿布などで冷やすことはいいのか?
湿布など使い治療しようと考える人はいるんですが、これは絶対にやめてください!
冷やすという観点から見ても湿布は冷やすものでもないし、たしかに貼るとひんやりしますがやめましょう。
湿布の一番使ってはいけない理由は、湿布をとるときにはがす行為をするからなのです。
もしも湿布などを交換しようとおもったら最後、皮膚と一緒に皮がはがれる可能性が高いのです。
なので湿布は効果がないだけでなく、皮をはがすことで悪化することがあるのです。

 

まとめ〜やけどを治療に湿布は効果的なのか?〜

 

・湿布は特に冷やす効果はないのです。

 

・湿布でやけどを治療しようとすると、はがすときに皮なども一緒にはがれる危険があるので高確率で悪化するので湿布をはることはしないようにすることが重要です。

スポンサーリンク