やけど 水ぶくれ 絆創膏

やけどの水ぶくれに絆創膏がいい理由とは?

スポンサーリンク

今回は、やけどの水ぶくれに絆創膏がいい理由とは?についてご紹介します。

 

やけどというのは、日々の生活の中でいつ起こってもおかしくない状態であり、もし火傷したときにしっかりとした対処をしないことで、より症状や傷の悪化することがあるので対処方法をしっておいたほうがいいでしょう。
まず病院や薬局にいくと軟膏などがすぐに手に入りますが、軟膏以外にも絆創膏がとても効果的なのです。
なぜかというと、治療法の一つとして湿潤療法というのがあり、水分を保ったままかさぶたを作らないで治療する方法で、治療のスピードが速くなったり、傷が残らないことが特徴なのです。

 

まず絆創膏の使い方ですが、絆創膏の種類である傷パワーパットというものを使った場合のご説明します。

スポンサーリンク

まず水ぶくれの皮をとりのぞきその部分は消毒などはしないで、そのまま張るだけなのです。
傷パワーパットであれば、毎日の交換はしないでいいので3日に1回のペースで変えるぐらいのペースでいいの、通常の絆創膏よりはいいですし、傷跡ものこらないのでいいでしょう。

 

水ぶくれではなく普通のやけどは、軟膏などを塗ったあとに普通の絆創膏を張ると効果的です。
絆創膏をはることにより、やけどした部分に常に軟膏を当てておけることができるのでとてもいい方法といえるのです。

 

絆創膏ときくと切り傷や擦り傷を想像することが多いのですが、やけどの時にもしっかり活躍してくれるものなのです。
あまりにひどいやけどは、絆創膏に頼らず、医師に相談をすることが大切なのです。

 

まとめ〜やけどの水ぶくれに絆創膏がいい理由とは?〜

 

・絆創膏を使い、湿潤療法をやっていくのです。

 

・やけどがひどい場合は、病院に行く方がいいでしょう。

スポンサーリンク