やけど 2日後 水ぶくれ

やけどした2日後に水ぶくれになることがあるのか?

スポンサーリンク

今回は、やけどした2日後に水ぶくれになることがあるのか?についてご紹介します。

 

一つの疑問として、やけどの度合いがひどいと水ぶくれになることはみなさん知っているとはおもいますが、やけどをしてから2日後などの日にちがたったあとも水ぶくれになるのかはよく知らない部分でもあります。
やけどした時にすぐに流水をかけて、そのあと冷やして、空気にも触れさせないように包帯などを巻いたからもう大丈夫!
水ぶくれの心配なし、とおもっていたのだが包帯などをとるとしっかり水ぶくれになっているということがあるのです。
なぜやけどをした2日後などにも水ぶくれになるのか詳しく説明していきます。

 

やけどというのは、やけどした直後にどのくらい重症なのかはわかりずらいものなのです。
だいたい次の日か2日後などに重症度がわかるようになるのです。

スポンサーリンク

よって2日後などに水ぶくれになったのは、もともと水ぶくれができるぐらいの、火傷の重症度だったと考えていいのです。
なので、後から水ぶくれになっているのは重症度が高いと考えていいのでしっかり対処した方がいいのです。
まずは簡単に自分でできることからやることが大切ですので、まずは空気から遮断することです。
防水の絆創膏やキズパワーパットや防水のフィルムなどをつかい傷を覆うのです。
そうすることにより、皮膚の神経と空気がふれなくなるので、痛みなどは止まります。

 

もし、自分で対処するときに注意したいのはみなさん一緒で跡を残したくないです。
もし完璧に跡を残したくない場合は、病院の医師に相談するほうが安全です。

 

まとめ〜やけどした2日後に水ぶくれになることがあるのか?〜

 

・やけどは2日後などの時間がたったあとに水ぶくれになることがあるのです。

 

・もしも2日後などに、水ぶくれになってきたらできるだけ空気に触れさせないようにしましょう。

スポンサーリンク