やけど 跡 赤い 予防

やけどの跡が赤い!予防法とは?

スポンサーリンク

今回は、やけどの跡が赤い!予防法とは?ついてご紹介していきます。

 

やけどすると、やけどした跡の所が赤い症状がでることがあります。
なぜ赤くなるのか?みなさん疑問に思うところですが、詳しく説明していきます。

 

やけどの跡が赤い原因は、炎症を起こしている可能性があります。
やけどを起こし、炎症状態のときはやけど跡が一般的に赤い色ずくことがあるのです。
この赤い状態は、なにもしないで放置することで治る場合とそうでない場合があるのです。
もしなにもしないで治ればなにも問題ないのですが、治らない場合は、とても厄介で最悪の場合色素沈着の状態になるのです。色素沈着とは一般的にはシミとも言われています。

スポンサーリンク

シミにまでなると、とても厄介で治すまでにも時間がかなりかかります。
この赤い状態の時に、放置することで炎症は進行していき皮膚の細胞の色素沈着をすすめていくメラノサイトが活発に動きシミに残す動きが起きてしまうのです。

 

もしもシミになれば、一生シミと付き合う場合もあるので、この状況は気を付けたいところです。
シミの進行をさせないために重要なことは?
それは、紫外線にあてないことなのです。
紫外線にあてることで、メラノサイトなどの動きを活発にすることがあるし、一度赤い色をとれかけていても紫外線があたることでまた元通りになることがあります。
やけどの跡が赤い人は予防法として、紫外線にあてないようにすることが、とても大切なのです。

 

まとめ〜やけどの跡が赤い!予防法とは?〜

 

・やけどの跡が赤いのは、炎症を起こしているのです。

 

・紫外線は、色素沈着を進行させるので、紫外線にあてないように予防しよう。

スポンサーリンク