やけど 水ぶくれ 白い

やけどで白い水ぶくれができるのはなぜ?

スポンサーリンク

今回は、やけどで白い水ぶくれができるのはなぜ?についてご紹介します。

 

やけどとは、した直後などにすぐ対処することも大切ですが正しい処置をしなければ、治療期間も伸びる可能性もあるのです。
やけどの中にも種類はたくさんあって、白い水ぶくれになることもあります。対処法なども異なることもあるし、やけどした直後にはわからないこともあります。今回は、やけどで白い水ぶくれができるのはなぜ?についてご説明していきます。

 

白い水ぶくれではなく表面だけが、白くなっている場合は特にひどくないので大丈夫です。
表面だけが白くなっている症状の先にあるのがやけどで起きる白い水ぶくれなどになるのです。

 

白い症状がでるのは、皮膚などがはがれた創面です。
しかもやけどした直後にでるのではなく、2、3日後などしてから白くなってくるのです。

スポンサーリンク

白い原因として、皮膚がふやけて白くなっていることも考えられるので、あまり心配はいらないです。

 

この白くなったときの対処法として、キズパワーパットなどが効果的です。
キズパワーパットは絆創膏の中でもかなり高性能です。一度張れば長くて1週間ぐらいもつこともあります。
ですがやはり、適度に湿らせることがとても大切なので、長くても2日間ぐらいで交換しながら治療することがおすすめです。
だいたい10日間で完治できます。
よかったら活用してみてください。

 

まとめ〜やけどで水ぶくれではなく白いのはなぜ?〜

 

・表面が白くなるやけどは、そこまで重症ではないので、心配いらないです。

 

・治療には、キズパワーパットを使うととても効果的です。

スポンサーリンク