やけど する 温度

やけどする温度とはどのくらいか?

スポンサーリンク

今回は、やけどする温度とはどのくらいか?いついてご紹介します。

 

みなさんも生きているうちに一度は経験することがあるやけど、ですがやけどの中には種類があります。
あなたもやけどするときに一つのことだけでやけどし続けることは少ないと思います。
様々な理由でやけどしますよね?例えば、お湯が沸いたやかんの蓋や熱い油だったり、海水浴にいったときの日焼けだったり、ライターなどの直火でやけどしたりといろいろあります。
なので今回は、やけどする温度とはどのくらいなのか?についてご説明します。

 

やけどをする温度は42℃以上と言われています。
温泉などいったことある人は想像しやすいですが、ちょっと熱めの温泉で42℃なのです。

スポンサーリンク

んじゃみんなやけどしてるの?ということになりますが、42℃やけどできるというだけで大人などのしっかりできあがった肌で42℃やけどするには、とても難しいです。赤ちゃんなどのまだ皮膚が出来上がってない状態ですとやけどの恐れがあります。
だいたい42℃〜60℃でやけどしようと思うとかなり長時間かかるのです。このやけどの低温やけどといいます。

 

瞬間的にやけどする温度というのは、80℃〜100℃ぐらいでしょう。
症状としては、やけどあとに赤くなったり白くなったり、ヒリヒリしたり、皮がはがれることがある温度です。

 

120℃〜超えることでかなり重い症状のやけどになります。
皮膚の内部までやけどすることから、水ぶくれやシミなどができるほどのやけどの温度といえるのです。

 

まとめ〜やけどする温度とはどのくらいか?〜

 

・やけどの種類があるように、温度によってやけどの症状は違うのです。

 

・やけどのする温度は42℃以上です。

 

・120℃超える温度はかなりの重症なやけどになります。

スポンサーリンク